2010年03月06日

普天間、難点だらけ乱立移設案…県内も国外も(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題で、鳩山首相は4日、3月中の意見集約に向けて調整を加速させる方針を表明した。

 だが、政府・与党で浮上している案は、地元と米国の合意形成が困難視されるものばかりだ。

 ◆沖縄県内◆

 「(政府は)何をやろうとしているのか」。沖縄県の仲井真弘多知事は4日、那覇市内で、県内移設案が次々と出てくる現状への不満を記者団にぶちまけた。

 同日上京した知事は、平野官房長官と電話で会談し、政府内の現在の検討状況の説明と面談を求めた。だが、長官は、2日のルース駐日米大使との会談の詳細は語らず、知事と直接面談することも日程調整がつかないと返答。日米交渉がすでに微妙な時期に入っていることをうかがわせた。

 陸上部案は、500メートル級、あるいは1500メートル級の滑走路を米軍キャンプ・シュワブ(名護市など)内に建設し、海兵隊のヘリ発着訓練を国内の島や自衛隊施設などに移転する計画だ。

 しかし、陸上部案はシュワブの沿岸部(名護市辺野古)に建設する現行案と比べ、住宅地に滑走路が近づき、騒音や事故の危険性が高まる。地元の辺野古地区の代表は2月下旬、受け入れ反対を表明。米軍にとっても、シュワブ内での射撃訓練に支障が生じるため、2005年の日米協議で、米側はこの案を拒否した。

 陸上部案とともに、国民新党が政府・与党の沖縄基地問題検討委員会に提示する米軍嘉手納基地(嘉手納町など)への統合案も、有事の際に米本土などから飛来するヘリや戦闘機を運用できる滑走路が減ることになり、米側は拒否している。

 米軍キャンプ・ハンセン(金武町(きんちょう)など)や米軍ホワイトビーチ(うるま市)沖なども挙がるが、いずれも過去の日米協議で消えた。

 ◆県外・国外◆

 一方、社民党では福島党首が中心となり、米領グアムなどへの国外移転を主張。さらに、自衛隊大村航空基地(長崎県)など、沖縄県外への移転案がある。重野幹事長は4日の与党幹事長会談で、「議論を尽くすべきだ」と訴え、移設先決定の加速化をけん制した。しかし、米側は海兵隊の即応性を維持するためには沖縄の陸上部隊とヘリ部隊が一体であることが不可欠だとしており、県外、国外移転に応じる可能性は極めて低い。

 平野官房長官や北沢防衛相が関心を持つとされる徳之島(鹿児島県)への移設・訓練移転案も、徳之島町長は住民投票で受け入れを諮る可能性に含みを持たせるが、反対論が大勢を占めているとみられる。

 一方、米国は、5月までは日本側の動きを見守る構えだ。ただ、新たな案がまとまっても、「議論には応じるが、現行案が最善の道だ」(キャンベル国務次官補)との立場は崩さないとみられ、日米双方で「普天間の現状維持やむなし」との声が広がりつつある。

<訃報>篠原晃さん89歳=元電気化学工業社長(毎日新聞)
<慢性疾患>生涯ローン…7割が「医療費重い」 東大調査(毎日新聞)
【Web】水没ケータイの復旧サービス登場(産経新聞)
チリ地震 津波、日本到達の可能性も…28日午後以降(毎日新聞)
詐欺容疑で東京都職員逮捕=転売目的で銀行口座開設−警視庁(時事通信)
posted by フクモト マサタダ at 13:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

民主党、「飛んでイスタンブール」の歌手・庄野真代を参院選に擁立へ(スポーツ報知)

 民主党が今夏の参院選で、「飛んでイスタンブール」のヒット曲で知られる歌手・庄野真代(55)の擁立に向けて動いていることが1日、分かった。出馬するなら比例代表からが有力だ。庄野は近年、NPO法人「国境なき楽団」を設立してチャリティーコンサートなどを開催。民主党が掲げる「新しい公共」について政策提言する「市民キャビネット」設立にも携わっている。出馬となれば、目玉候補となりそうだ。

 民主党関係者によると、今夏の参院選目玉候補の1人として、庄野の名前が挙がっているという。この日、庄野が所属する都内の事務所では、スタッフが「(庄野さんから)何も聞いていなくて、対応できない」と話した。

 庄野といえば、1978年の大ヒット曲「飛んでイスタンブール」。同年のNHK紅白歌合戦にも出場した。歌手活動を続けながら、近年は環境問題や途上国支援などのボランティア活動に取り組んできた。06年には、NPO法人「国境なき楽団」を設立。世界の子供たちに楽器を送ったり、各地でチャリティーコンサートを行うなどしてきた。

 民主党とのかかわりも深く、主要なNPO法人による政府との協議機関「新しい公共をつくる市民キャビネット」設立に尽力。今年1月に開かれた設立協議会では、平野博文官房長官(60)ら、多数の民主党国会議員も出席する中、オープニング曲を演奏、運営委員にも就任したという。

 社会的活動の原点は「飛んで―」がヒットした後の80年、当時の夫で音楽プロデューサー・小泉まさみさん(後に離婚)とともに巡った世界1周の旅。28か国132都市を歩いた経験が、環境問題や途上国支援問題を考えるきっかけになったようだ。

 出産や離婚、顔面骨折の大けがや子宮筋腫の手術も経験した。2000年に45歳で法大人間環境学部に入学。ロンドン留学中にはボランティア活動を行い、その後は早大大学院アジア太平洋研究科も修了した。

 フィリピンのストリートチルドレン支援のためのCD制作、知的障害者を支援するチャリティーコンサート…庄野の活動は多岐にわたっている。

 ツートップの「政治とカネ」の問題などで、失点続きの民主党だが、関係者は「庄野さんが出馬となれば、目玉の1人になるのでは」と期待を寄せる。♪飛んでイスタンブ〜ル〜、参院選にもデ〜ル〜…?

 ◆庄野 真代(しょうの・まよ)1954年12月23日、大阪府生まれ。55歳。1976年「ジョーの肖像」で歌手デビュー。78年に「飛んでイスタンブール」が大ヒット。続く「モンテカルロで乾杯」もヒット。80年、休業宣言し、世界1周の旅へ。帰国後、講演やミュージカルでも活躍。ボランティア団体設立などを経て、2002年、英国留学、04年、法大卒業。06年、国境なき楽団設立、早大大学院アジア太平洋研究科国際関係学科修了。

 【関連記事】
平野官房長官、県内の可能性示唆…普天間飛行場移設で
森繁さんしのぶ会で平野長官らが追悼
ミュージカル映画「NINE」がワッフルとコラボ
堂本光一、金の舞…ミュージカル「Endless SHOCK」開幕
民主党 飛んでイスタンブール 庄野真代 を調べる

<婚約>「ええにょぼ」の女優・戸田菜穂さんが婚約(毎日新聞)
咲き誇る熱帯の花 南国気分 板橋区立熱帯環境植物館(産経新聞)
<愛知2児遺体>へその緒ついたまま 医療機関以外で出産か(毎日新聞)
<雑記帳>「餅上げ力奉納」で新記録 京都・醍醐寺(毎日新聞)
<春一番>関東、西日本などで観測 全国で5月並みの陽気(毎日新聞)
posted by フクモト マサタダ at 02:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

雑記帳 スピードの加藤選手の母校 センバツに初出場(毎日新聞)

 バンクーバー冬季五輪のスピードスケート男子五百メートルで銅メダルを取った加藤条治選手(25)の母校・山形中央高の駐輪場に「条治を超えろ!!」と書かれた縦1.5メートル、横10.5メートルの看板がある。

【感動を写真でもう一度】長島が銀、加藤が銅 スピード男子五百

 加藤選手は高校総体で3連覇し、高校時代にワールドカップ(W杯)で準優勝2回。輝かしい戦績を記念して、卒業半年後の03年10月に作られた。「『条治を目指せ』の案もあったが『超えなきゃだめだ』という意見が出て変更された」と同校教諭。

 母校はセンバツ21世紀枠で甲子園に初出場する。松田道明教頭は「野球部も『条治を超えろ』で、優勝か準優勝を目指してほしい」と舌の滑りも絶好調。【鈴木健太】

【関連ニュース】
<特集>第82回センバツ高校野球大会
五輪フィギュア:高橋銅メダル獲得の瞬間、視聴率27.2% 男子フリー
バンクーバー五輪:スピード競技ウエア 下着透けてる?
五輪スピード:メダル二つで「お家芸」復活 個別強化実る
バンクーバー五輪:思いさまざま…高橋らメダリスト会見

<津波>「心配なし」の誤情報 英文サイトに掲載 宮城県(毎日新聞)
1等陸佐発言「ふさわしくない」との答弁書 首相を揶揄と誤解招く(産経新聞)
<訃報>平野忠昭さん68歳=元宇部興産専務(毎日新聞)
未承認薬12品目の開発に国費投入へ―厚労省検討会議(医療介護CBニュース)
平凡社
posted by フクモト マサタダ at 12:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。